ハートフルトポス通信 - Part 3

  • HOME
  • ハートフルトポス通信
 

ハートフルトポスでは、機関紙『エステル』を春と秋の年2回発行しています。

『尊厳と責任』~信・望・愛の法則シリーズ~ 「わたしの目には、あなたは高価で尊い」イザヤ43章4節、一人一人の尊厳について、リハビリ フェローシップ(交流会)で、またいろんな場面で語って来た。何かができるとか、成功してい […]

MORE

『信・望・愛の法則』シリーズ③ ~ハートフルトポス、ケアホームの集団性と秩序性~以前、入居されている利用者の方々は中途障碍であると語りました。病状が寛解して社会に出て行く時、大きな妨げとなるのは障碍のことだけでなく、社会 […]

MORE

『信・望・愛の法則』シリーズ② 人生に望みがないと目先のことに一喜一憂して生きてしまいます。発病の大変さから時が過ぎ、安定してホームに入って来る彼等に感じるのは「希望」を持っていない姿です。大家族のような雰囲気の中で安心 […]

MORE

『信・望・愛の法則』シリーズ① ホームに入居しておられる方々の障害は中途障害です。発病した頃のつらい思い出を多く方々がもっておられます。(もちろん家族もつらかった体験ですが) 今まで親しかった友や知人や家族の存在が遠く感 […]

MORE

「ハートフルトポスの意味はなんですか?」と聞かれることが多々あります。そんな時、私は「ハート(愛)が満ちた場になるように、その願いを込めてつけました。」と答えます。トポスとはギリシャ語で「場」という意味だそうです。そんな […]

MORE

『見よ。兄弟たちが一つになって共に住むことは、何というしあわせ、何という楽しさであろう。』 聖書:詩篇133篇1節 ハートフルトポスの理念の中に<家族的関わり>というものがある。一つのホームに5、6人という家 […]

MORE

『力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。』 箴言4章23節 先日のリハビリフェロシップ(交流会)のテーマは『劣等感』でした。集まった一人一人のメンバーの方々が、非常に素直に自分の劣等感について語られていて驚きました。そ […]

MORE

『からだ全体は、一つ一つの部分がその力量にふさわしく働く力により、また、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、結び合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。』 エペソ書4章16節 ハートフルトポ […]

MORE

『私たちはからだの一部分として互いにそれぞれのものだからです。』 (エペソ人への手紙4章25節) グループホームは5人から6人の者達が、スタッフの支援を受けながら共に生活する場ですが、それを1年2年と続けることは、人との […]

MORE

『何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい。』 マタイによる福音書7章12節昨秋からの障害者自立支援法の本格施行に伴い、「自立支援」という言葉が頻繁に使用されるようになったと思う。「自立支援」 […]

MORE

お問い合わせCONTACT US

        当法人の事業についてのお問い合わせは
お電話またはメールフォームから
お気軽にご連絡ください。

特定非営利活動法人ハートフルトポス電話受付時間9:00~18:00(日曜日休業)TEL 075-432-8717

メールフォームはこちら